鉄拳のコト。鉄拳以外のコト。真実にはたどり着きません


by grt4
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
何年か過ぎて見ると最初と印象が変わることってあるじゃないですか?

んなワケで、昔聞いてた音楽を今聴きなおしてみたりする事が結構あります。

津軽三味線からデスメタルまで、いろんなジャンルを聴いてきましたが、
そんな中で一時ヘビーローテーションだったバンド「X(X-JAPAN)」を改めて聴いてみました。

僕が知っているのはインディーズの後期~メジャー1枚目なので、アルバムでいうとVANISHING VISION と BLUE BLOOD のあたりです。
バンドとしては順調に動いていた時期だったと思います。
後の色々な事件はニュースで知った程度でした。

このXを聴いてからツインギターでハモる洋楽メタル
(Helloween等)に好みがだんだん移行していきました。

今のXの評価は世間的には大分幅があるようで、
好きな方は「神バンド」と評価するほどのランク付けがされますが、
ここではあくまで個人的な感想だけ述べさせてもらうので、
「違ーよ アホ」と思う方はスルーして下さい。

Xってどんなイメージ?と訊かれると
血、薔薇、破壊、とかそんなキーワードで現されるような気がします。
歌詞にもそんな言葉が多かったような印象があります。

メジャーデビュー後は広告などのメディア的に
さらにそういったイメージを強めていった気がします。

でも僕の印象でのXは「クラシックベースの体育会系スピードメタル」です。
血や薔薇等の耽美的なイメージは、歌詞からの世界観であって
ライブに行った感想は、非常に強い体育会系の印象でした。

ドラムセットをぶん投げたり客席を走り回ったりのパフォーマンスと
「お前らああ!!」「オラアアアア!!」とのMCが合わさって
すごいエネルギーのあるライブだった印象があります。

そしてやはりMCが上手かったですね。
(たしか)野球部出身だったTOSHIは応援団的な「あおり」が非常に巧みで
会場の統一感を作り上げるのが非常に上手かったのを覚えています。

曲の印象はあくまでコンポーザーのYOSHIKIが「楽曲」として創る世界を
他のパートが表現していく、といった印象でした。
クラシックが基盤にある音楽スタイルのようなので、ピアノで作曲していたのでしょう。
サウンド的にはメタルですが、そのメロディーラインは非常に流麗です。

余談ですが、
ギターより鍵盤で作曲すると非常に印象的なメロディーが生み出されるような気がします。
そのメロディーを演奏するギターは運指が不自然なところもあって逆に大変だったでしょう。

メンバーの演奏技術は高かったのでしょうが、
スタンドプレーが多いタイプの演奏ではないので「ギターヒーロー、ベースヒーロー」が
生まれるような、メンバーの個性が前面に出る
バンドではなかったと思います。

まとめると、
◆曲=楽曲様式重視タイプ、流麗なメロディー
◆歌詞=デカダンス的耽美、自己破壊
◆ライブパフォーマンス=体育会系エネルギー発散型


会場のエネルギーをまとめてライブで爆発させる、
非常にいい意味での「暴走族バンド」です。
Xにはいろんな意味での「カタルシス」があったと思いました。

興味のある方は、ようつべ等で見て下さい。
今改めて見ると発見があるかもしれませんね。
[PR]
# by grt4 | 2007-03-30 20:37 | 音楽
買っちゃいましたPSP2TV。

早速取り付け作業開始。
いきなりですが、付属の説明書があんま役に立ちそうにない(大味な感じなので)。

そこで、同じ鉄拳チームでお世話になっている方に紹介していただいたサイトを閲覧しつつ(ありがとうダツナリさん)作業。

もともとこういう作業を好んでする人ではないので手際は悪いですが、「これでホリコンで鉄拳できる」と思うとヒヤヒヤものの分解作業も勇気が持てるから不思議です。

サポートブラケットはものすごい角度でコネクタ部分のフレキ基盤をヘシ曲げなければネジ止めできそうになく断念。ま、電気的に関係あるパーツではなさそうなんで良し。

とりあえず一通り取り付けてPSP本体の電源をオン。
電源ランプも付くしいい感じかな?
クレイドルに装着してPS2純正コントローラを装着。
「んお、コントローラのアナログランプが点かない!」
軽くパニック。どうもクレイドル自体に電源を供給しなければいけないようでした。

動作確認のためMHP起動。
問題ないかなーと思ったのです、が!
キャラクター作成画面で!
アナログスティックで回すはずの3Dキャラが!
回り続けている!!

アナログスティックの「左」が入力され続けているようです。
とりあえず強引にキャラクター作成を行ってスタート。
ベットから起き上がった自分は!
そのまま!
左に前進する!!

あーーーーーダメだコリャ。
が、それは悲劇のほんの始まり。

泣く泣く本体を再度開けてフレキ基盤を装着しなおしてフタ閉めて起動。
が!
今度は!
電源が入らない!!

ぐああああああ。

その後何度かのPSP開け閉めを繰り返してわかったのですが、
どうも電源側にある四つボタンの小さい基盤についてるフレキ基盤コネクタ部分は、液晶が入るシャーシ(?)を取り付ける時に押されて接触が悪くなるらしいのです。

色々と考えた結果、
1・フレキのストッパーには紙を1枚基盤と同時に挟ませて接触回復をはかる。
2・同時にボタンの小基盤とメインの基盤との間にスペーサー(紙を折ったもの)を挟ませてフレキ基盤コネクタ部分を軽く圧迫させるようにする。

この結果何とか接触は回復したものの、
本体カバーを最後にネジ留めした際、
その圧力でまた接触が悪くなるらしく、
軽い接触不良>電源ランプが点かない
重い接触不良>電源が入らない
という流れで悲しい接触不良が繰り返されました。

どうも本体下部(特に電源周り)のカバーネジは留められそうにありません。
困りました。

この問題の他にも、
・方向キー右が入らない(これはボタンパーツ裏にテープを貼って厚みを加えて対処)
・クレイドル接続用の端子部分が本体下部から5mm近くはみ出してる(ムリにねじ込みました)

そんなこんなで格闘を始めてもう10時間近く経ちそうですが、
アナログ「左」が入りっぱなし、という問題が改善できません。

いくら考えても分らないので、
アナログスティックの入力を殺そうと考えて
アナログ用の4箇所の金属端子部分があるフレキ基盤とマザーボードとの間に紙を挟みましたが、
そんな事ではアナログスティック入力は死なないうようです。頑丈。

まぁそんなこんなでまだ格闘中なのです。

はぁ・・・どうしよ。
[PR]
# by grt4 | 2006-07-19 00:11 | 鉄拳5
ラルク・アン・シエルの「DIVE TO BLUE」と
ユンナの「マイ☆ラバ」とか、

ELTの「DEAR MY FRIEND」と
EUROPEの「IN THE FUTURE TO COME」とか、

AEROSMITHの「EAT THE RICH」と
アニメ版西遊記のOPの曲(詳しくはわからん)とか、

あまりに似すぎてて何て言っていいかわからないんで
何も言いませんw

何某かに影響を受けるのは当たり前だとしても、
素人の俺が聞いても「ばれちゃうレベル」でそれを出すっちゅうのはもう
クリエイターといえるかどうか。
いかんともしがたいですな。
聴いてるコッチが恥ずかしくなる。
キャーーーーー
[PR]
# by grt4 | 2006-07-15 00:58 | 音楽
ただいま奮闘中のPSP版鉄拳DRですが、
三島使いの皆様からは
「買う価値なし」
との極上な評価が専ららしいですw

非常によくわかります。
今やメインキャラのフェンでこそ
お手軽入力技で(ちなみに残影すら俺にはムリです)
何とかパッドでもしのげるものの、
風ステがからむキャラはほぼムリ。

ナナメ入力やボタンの同時押しもかなりシビアです。

使用感からは
フェン…△
ペク師匠…×
弟子(ファラン)…△
リリ…△
(普段使うキャラのみ)

な感じでしょうか。

何とも「不完全燃焼」です。
○は一つもありません。

特に無駄なクレキャンや、
必要のないフラキャンをやって死ぬというのが
テーマな俺のペク師匠はダメですw
フラキャンなしでは空コンもままなりません。
PSPのボタンでは入力が壊滅的にキビシイのです。

この「鉄拳DR」、ソフトとしてのクオリティは
かなり高いと思われますのでもったいない話です。
ハード面がダメなのです。

俺としては何とか快適に遊びたい!
てか快適に遊べるようにしちゃえ!

で、
注文しちゃいました「PSP2TV」。

何でもその名の通り
TV出力が出来ちゃう上にPS2用コントローラも使えちゃうらしい。
(コントローラに関しては全てとは言えないらしいですが)

でもこれで鉄拳DRがジョイスティックで出来るかも!?
なら買うしかないじゃないか!!

取り付けにはかなりの大手術が必要な予感。
がんばらねば!
[PR]
# by grt4 | 2006-07-13 01:00 | 鉄拳5
アケでチト頑張ってはみたものの、
もともとセンスがないんで「うーん、引退?」とか考えてて数ヶ月鉄拳触ってませんでした。

んな矢先DR家庭版移植の話。
しかもPSPときたもんだw

PSP!?

普通なら、
「あんなもんでステステアルバ出来るなら、
俺はレバーの先端に親指だけのっけるニュースタイル、
名づけて「PSP持ち」の開祖になれるゼてかできっかヨ!(ハイスラ)」
と怒りMAXで立ち読み雑誌を真っ二つにして御用になるのが正しいテケナーでしょうが、

アタマでっかちのヌルゲー野郎な自分は
「へー記念に買おうかなー」とか考えてました。

心身ともにリハビリが必要だったので
ペチペチと家で鉄拳5をいじくりつつ、
たまーに携帯で出稼ぎゴーストを閲覧。

本キャラでないリリ嬢ゴーストの勝率33%に対して
もはや本キャラとなったフェンゴーストは勝率6%
日本各地で見事な血桜(自分の)を満開に咲かせているらしいです。

「うーん、ままならぬモノよのう」そしてTTBで穴掘り。
こんな感じで数ヶ月隠居生活を続けてきた矢先、
「鉄拳DRプレゼントキャンペーン開催」のお知らせ。

自慢になりませんが、自分のクジ運は最低です。
「当たんないかなー」とは思いつつも、その勝率は劇的に低いです。

例えるなら
スタンド「バッドカンパニー」の1歩兵がノトーリアスB・I・G
に勝利するようなものです(わかりにくい)

座ったままの姿勢でジャンプするオジサンに言わせれば
「ノミが象に立ち向かうのを勇気と言えるだろうか?云々」みたいな感じです(か?)。

そして当日。
期待を裏切らないハズレ。

「まーねー何たって50人だしねー当たる方がおかしいって。
てゆーかいい機会だからこの際鉄拳もスッパリと引退して…ただいまー」と家に帰ってくると
「当たったよ」と嫁。

「!!!な」
この瞬間脳内スイッチが切り替わりました。現金なものです。

どうもテ神(鉄拳の神)はオレに、

「おめーは死ぬまで鉄拳続けなさい」

と申されたらしいのです。

んー…

じゃあ楽しんじゃえーー♪
てワケでそれから鉄拳三昧です。

久々にゲセに行きました。
「ウンフラ(所属する鉄拳チーム)の人」いないかなーとか思ったり。
すっかりフェン使いだけどw「開幕ボーン打ちたいなー」とか思ったり。

あ、そういえばウンフラどうなったんだろ?
と久々に見てみたら
「なんじゃこりゃああああ!!ダツナリさんがリーダーじゃねぇ!てかチームが危ういのか?」
チームが2つ?オラいったいどうすればいいだか…

創造主puresuteさまによるウンフラ創世記からダツナリさんへ。
ペク使いだろうがそうでなかろうが、
ありとあらゆる意味で
「マーヴェラスな」ウンジャマフラミンゴだったんですが、
ちょっと混乱してるみたいです。

下手ですがペク師匠は使い続けますし、
チームとしての「ウンフラ」を抜ける予定はないんで
何とか身の振り方を考えねばならないようです。

ゲセもたまには行こうかなーとか思ってます(大体池袋サンシャイン辺りでしょうか)
つまり鉄拳生活は「復・活」です。

追伸
PSPでフラキャンすると指がつりそうになります。
違った意味で「修行」が必要なPSP版鉄拳です。

「これはこれで」楽しむべきでしょうが、
本音は「あージョイスティック突き刺してぇ」と方法を模索中です。
誰か教えて下さい…
[PR]
# by grt4 | 2006-07-11 00:07 | 鉄拳5
今では当たり前になった、
ストーカーやセクハラなどの言葉。
僕が小さい頃はありませんでした。

これはどういうことなのかなーと考えました。

誰かが誰かに「好意」を持つ。
それを伝える行動を取る。

ここで問題なのは、例えばその行為が
「意中の人に会おうと思って待っていた」場合。

今なら「ストーカー行為」と取られても仕方ないですね。
その後の展開次第では非常に危険性が高い、と言えるかもです。

では、それが「ストーカー」と見なされない時はどういう場合か。
それは、「意中の相手もそれを望んでいる時」です。

これなら、上記の「待ち伏せ」でも、お互いが「偶然(?)道端で意中の人とバッタリ」なだけなんで犯罪性ゼロです。
同じ事をしていても一歩間違えれば犯罪行為になるというのに不思議です。

ではなぜ「ストーカー」などという言葉が生まれたか、
それは「空気の読めない人」が増えたからでしょう。

言い方を変えれば「オレが(ワタシが)こう思うから」という事だけに、行動基準が限定されてしまう人が増えた、という事です。
で法での規制が必要になった、と。

ただの「ストーカー行為」なのか、
はたまた「情熱的なアプローチ」なのか、
紙一重です。難しいですね。
相手が望むかどうか、に全てがかかっています。

例えば下校時の急な雨。
傘は持っていない。

ため息をついて下駄箱を開けると、何故か折りたたみ傘が。
「使って下さい」のメモ。
誰からかが判る名前付きで。

相手に対して嫌悪感を持っていなければ、
感謝の気持ちで受け取れるかもしれませんが、
逆に「勘弁して欲しい」相手からだとただの重荷になります。

つまり「受け取る側次第」なんですねー。
言い方を変えると、
「相手の望んでいる行動を常に把握・実行できる人は恋愛上手」と言えるのでしょう。
まぁ方法論だけに頼るのもどうかと思いますがね。

問題なのは、相手のためと言って
「自分がしたい事だけをしている」状態の人です。
これに「空気が読めない」要素がプラスされると立派な「ストーカー」の誕生となります。

「会話上手は聞き上手」という言葉があります。
会話は独り言ではありませんから、相手の発言に対して発言をするのが本意です。

「相手が何が言いたいのか」「この先どういう話になるのか」
「それに対してこう返したら、相手はどう思うかな」
言葉になっていない「気持ち」を的確に汲み取るのが「会話上手」です。

「てゆーかさぁ」は会話ではありませんw
それまでの相手の発言内容に区切りをつける発言ですから。
会話としては「仕切りなおし」になるでしょう。

話に「てゆーか」が多い人は経験上、
「オレがオレが」「ワタシがワタシが」な
「自分の気持ちを抑えられない」「相手やその場の空気に合わせられない」人が多いように思えます。

しかし適度な自己主張は必要ですので、
「オレが(ワタシが)こう思うから」な考え方は間違いではない、と思います。
自分の気持ち次第で判断しなくてはならない時は沢山ありますから。

一番重要で問題なのは、「それしか出来ない」人です。
「相手や周りがどう思うか、は関係ない。自分がそう思っているんだからそれが全て」

これでは、ある意味本能しかない「動物」と変わりません。
眠いから寝る。食べたいから食べる。きらいだから殺…とかです。

人間と動物の大きな違いは、
「したい」事ではなく「すべき」事が出来る、という事です。
本能のみに縛られない判断と行動が出来る、という事です。

まぁそんな感じで
「ストレス無く、本音と建前を使い分けて」腹黒く生きて金持ちになりたいなーというのが目標ですね。
ちなみに恋愛云々はコレが言いたいだけのただの前フリですのであしからずw
[PR]
# by grt4 | 2006-06-17 14:42 | よもやま
最近「色」って大事だなーと強く思うようになって。

視覚で捕らえられるのって「色か形」だと思うんですけど、
どんなモノでも、
いくら形が良くても色がダメなら台無しな感じがするんですが、
逆に色が良ければ形が多少ダメでも愛せるんですよね。
まぁ、程度にもよりますが。

んー絵画と写真の違いって何だろう?と。
風景画とか人物画とか。

写真の技術が発達してるんだから、
絵画とかいらないんじゃん、とも思えるんですが
それでも絵画はなくならないし、名画はいつまでも名画。
不思議な話です。

コンピュータが発達した今の時代に
電卓、ましてやそろばんを褒め称えようとする人はいません。
同じ「計算機」なのにね。

でも名画はやっぱり名画なんですね。
何でかなーと思ったんですが、
たぶん、

絵は写真と違って
「光」を描いたものだからなんじゃないかなーと。

誰かが見た(感じた)「光」を現したのが「絵画」。
だからマネができないし、何にもとって変われないんじゃないかなーと。

その絵は人に強烈な影響をもたらす。
その影響力が大きければ大きいほど「名画」に。
絵筆には本当に「魂」が込められるんでしょうね。

閑話休題。
では、何を持ってモノがそこに「ある」と人は思うんでしょうか。
何も知らない赤ちゃんは、初めて見るモノを「見ること」によって認識できるでしょうか。

赤ちゃんてよく口に入れますよね。
自分にとってそれが「害をなすもの」かどうか、
その判断のためなのかなとも思えます。
それは同時に「確かにそれは存在する」という認識行為のようにも思えます。

つまり存在は「触れる」事で初めて確認できるんではないのかなー思います。
視覚ではなく触覚ですね。

僕らは、過去の経験をもとにして「触れたことがあるから」もしくは
「似たものを知っているから」全てに触れずともその存在を認識できるのでしょう。
だから未知の存在や触れることのできない存在については
その「存在の認識」が希薄なんでしょうね。

だって空気って存在するんですよ?w
僕にも感じられませんがねw

絵を描くときに「輪郭線」て描きますけど、
本当はそんな線はどこにも実在しません。

絵はその中のモノに実際触れる事が出来ないので、
その手助けとして、「存在」を表すために「輪郭線」が必要なのです。
つまり「見えるだけ」では「存在感を伝える」ためには少々役不足だという事です。
見えてるのに不十分だなんて、不思議な論理展開になってきましたw

何だかだんだん変な話に展開しそうなんで、もちょい簡単な方向に修正します。
何事も「ほどほど」って大事ですからw

えーと、
目をつぶると何も見えませんね?
何も見えなければ、仮に眼前に何かが存在してても認識する事が出来ません。
まったく当たり前です。

では眼前の物を見るためにはどうしたらいいでしょうか。
答えは「目を開く」。
正解です。

では「目を開いた」から物が見えるのでしょうか?
これでは不正解です。

いくら目が開いた状態でも、
明かり一つない真っ暗な部屋では何も見えません。

違いはなんでしょうか。
つまりは、「光があるか、ないか」
言い換えれば
「光があるから物が認識できる」ということです。

色は光が無くては成り立ちません。

話を戻すと、優れた絵描きとは、
「自分が感じた光を表現する手腕に長けている」のではないか、と思ったんです。
それじゃあ個人差がありますので「写真」では取って代われませんよね。

試しに絵を描く時、
輪郭線無しで「陰影」のみで描いてみてください。
より「現実的」な絵が出来上がるのではないでしょうか。

…こんな感じで
突拍子もない事はよく思いついたりするんだけど、
伝えるのって難しいです。
[PR]
# by grt4 | 2006-06-17 13:44 | よもやま

ダ・ヴィンチ・コード

ちょい前噂だった「ダ・ヴィンチ・コード」。

前々から「読もうかなー」て思ってたんだけど、
今年になってからやっと読んだんですが、

日本語訳がうまいせいか、最初こそ「なーんかよくわからんぞ(日本語訳が)」て思ってたんですが、後になるほど慣れもあってか読みやすくて結構スラスラ読めました。

仕事柄、文章を読むことは長いこと食傷気味だったんですが、
まぁ久しぶりに「本読んだなー」て感じでした。
それに娯楽本だったせいもあって結構楽しめました。

内容はこれから作品に触れる機会を持とうか、という人もいるかもなんで、
触れないようにしておきますが、
本に関しては「個人的オススメ度★★★★☆(4つ)」です。

マイナス要素は「ベストセラーになっちゃう本」て事です。
「???」て方もいると思いますが、つまりは
「あなた(だけ)が楽しめる本ではない、多くの人が楽しいと思われるだろう娯楽の最大公約数的な本」だという事です。
「満腹or腹八分」て感じでしょうか。

むかーし読んだシドニー・シェルダン(だっけ?)を思い出しました。
「ゲームの達人」かな、確か。

で、映画版見てきました。
賛否両論あった映画版の評価ですが、

物語中に結構「見たいなー」て思う建造物が多数出てきたんで、
実際映像で見たらどんな感じなんだろー、というのが見に行った動機でした。

見終わった感想は、
「うーん、映画にする価値は全くなかったね」。

やはり文章の情報量てスゴいんですね。
映画は「出来の悪いダイジェスト版」でした。

想像力の巧みな方でなければ
「ん?わかんねーよ???」となりかねない作りでした。

まぁそんなこんなで「ダ・ヴィンチ・コード」のブームも過ぎ去りぎみなんですが、
今は同じ作者の「天使と悪魔」を読んでいます。
これは、小説の「ダ・ヴィンチ~」が好きならまず楽しめるでしょう。
[PR]
# by grt4 | 2006-06-17 12:48 | よもやま
久しぶりだけど何事もなかったかのようにいきなり続き。

そんなジャーマン・メロディックスピードメタル漬けの日々に劇的変化をもたらしたのがMEGADETHでした。
てか、これもメタルなんだけどねw

この頃、バンドメーンだったんで実際コピーバンドとかもやってました。
もともとベーシストだったんですが、ある日ハイトーンボーカル(高音域が出るボーカル)がいない事を理由にベーシストのオレに何故か「えーっと。歌ってよ。」とおっしゃる奇特な方がおりまして、歌うのはキライじゃなかったんで「やってみようかな」と。

で「どうやったら高い音域が出るようになるの?」と当然なりました。
色々と本なんぞで調べた結果、判明したコトは…

1.誰でもウラ声で出る高い音域は発声法で「歌」にする事が出来る。
2.ただし発声法自体を根本的に変えなくてはバンドで通用する「歌声」にはならない。
3.腹筋とか肺活量なぞ、最低限体を鍛える事が必要。

もともと地声が低いんで「どうなんだろ?」とか思ってましたが、
腹式呼吸を感覚でつかみ、走ったりなんだりして心肺機能とか多少鍛えた結果、
何とかバンドでも通用しそうな歌声を出せるようになりました。

で、ベーシスト>ボーカリストへ移行(てゆーか色んなバンドで歌を頼まれて)な感じになってた矢先、
「MEGADETHのコピーやろうかと思うんだけどさー」
「ふーん(俺)」
「歌ってよ」
「俺MEGADETH知らないよ」
「CD持ってきたよ」
「聴かせてよ(俺)」
「………(試聴中)」

…なーんかメロディアスじゃないなー。歌ツマンナイなーコレ。
てゆーか変な声だなこのボーカル…

「…どう?」
「うーん…MEGADETHってギターバンド?」
「ギターボーカルだよ」
「ふーん」
「歌う?」
「ちょっとやってみようか」

で5人編成でMEGADETHコピーw

そのうちギター一人が抜け、実質ギタリストが一人になって
「歌もそーだけどさー。ギター弾かない?」
「へ?」
「いや、だからギター。やっぱその方がカッコイイじゃん」
「いやだから俺ギターとか弾いたコト…」
「だいじょーぶだって」

弦楽器は好きなのでギターは借りてペケペケ弾いた事はありましたが、
いくらなんでもMEGADETHコピーはムリだろう。
そう思ったオレは身の危険を感じたので何故かギターを買いに行きましたw
しかもKING Vをw

もう引き返せません。てゆーか引き返しません。
こうして偽デイヴ・ムステインが産声をあげたのでした
[PR]
# by grt4 | 2006-06-16 00:13 | 音楽

最近音楽聴いてないねー

タイトルの通りです。

なーんかいまいち音楽で「心振るわせる」コトができなくなってます。
てか、そんな音楽に出会えません。

自分もバンドやってたせいか、やっぱバンド音楽が好きですね。
クラシックはあんまりわかりません。
ちなみに今まで生きてきた中で受けた、音楽的カルチャーショックは…

・安全地帯
聞いていたのは何と小学生の時w
妙に哀愁ある歌メロと歌詞に夢中でした。
今思うと大人びてたんですねぇ。
ジャニーズなんかなんのそのでしたw
そして、この流れで井上陽水にもハマることに…

・TM NETWORK
中学時代でしたね。
妙にフォーク寄り?に行ってしまっていた反動でしょうか、
デジタル方向に急に走りましたw
今となっては何というか説明のしようがないのですが、
やはり歌メロでしょうか、好きだった原因は。
小室SONGのメロディーと
小室ナントカさんの歌詞は絶妙にマッチしていました。
のちに小室サンはいろんなグループを起こしてますが、
やはりTM時代(個人的には「human system」まで)の曲とメロディーが、
方法論やビジネスに走らず、一番一所懸命に「音楽」をやっていたような気がします。
そしてこの頃までが好きでした。

・BOΦWY
あー世代がバレましたねーw
あんなスゴいバンドはなかなかもう出現しそうにないですね。
グ○イはいくらマネ?しても永遠に届くコトはないでしょう。
今思うと、BaとDrは正直別人でも良かったんじゃないかと思ったり…
いや、言いますまい。
布袋サンはコーラス&ギターだけ弾いていてくれればいいのに(今では歌とか歌詞もorz)
…いや、言いますまい。
正直、氷室サンは今までなかったタイプのVoだったんでしょうね、きっと。
後に「似た」タイプが簡単に量産されてしまったんで、影も薄くなってしまったようです。
布袋サンのGtは今だにその領域に入ってこれる才能のギタリストがいない気がします。
リフとカッティングなどのリズムギターのセンス、
この人は絶対に「日本人のリズム感覚」ではありませんw
そしてソロなどのメロディーラインの強烈なキャッチーさ、もはや神レベルです。
この人が今だに知名度が高いのは「創り続ける」才能が高かったからなのでしょう。

・GASTUNK(GASTANK)
日本インディーズレーベル(自主制作)界での個人的最強神バンドです。
もうあらゆる意味で人生において「洗礼」をもたらしたバンドでした。
自分の世代では正直少し「古い」バンドだったのですが、
時代を超えた凄まじい破壊力でしたw
BAKIサンの他に類をみない世界観の歌詞が、
TATSUサンの哀愁マイナーメロディーと神経に突き刺さるようなギターリフに乗り、
BABYサンのうねるようなそして歌うようなベース「メロディー」ラインに絡まって、
マツムラさん(でしたっけ?)後PAZZさんのパンクでもメタルでもない「正確なのにトリッキー」なフレーズに乗るとそこはもうワンダーランドw
技術的に「上手いか」と言われると「どうでしょう?」なんですがねw
ただまぁロックでは「卓越した演奏技術=名バンド」ではありませんので。
とにかく、何だかわからないけど凄まじいまでの「タマシイの嘆きと咆哮」が聴こえてくるような、
パワーとエネルギーと悲しみに溢れたバンドでした。
この辺で自分の中に「メタル耐性」が出来始めたような気がします。
「SHOUT」「ジェロニモ」「Mr.GAZIME」などの初期のナンバーから解散に至るまで、
全ての曲が大好きです。
本当にすごいバンドです。

・HELLOWEEN~GAMMA RAY
前述のGASTUNKは好きになってからすぐに解散してしまい、
しばらくはそのフォロアーを探していました。
てか、似てるバンドなんかあるはずありませんでしたけどw
結局しばらく日本のインディーズバンドをあさっていたのですが、
Xなんぞの「あきらかに洋楽の影響を受けた」バンドを聴いていたあたりで、
(思い返せばこの頃はハイトーンボーカルが嫌いでしたねw)「ツインギターでハモる」という形(もしくはギターのオーバーダビングでのハモり)が好きになっていました。
やっぱコレもGASTUNKの影響でしょう。
そんな折、「この形」の源流とも言えるIRON MAIDENを聴きました。
単純に「洋楽聴いてるヨ」ってカッコつけて言いたかっただけなのかもしれませんがw
そして感想は「うーん、キライじゃないけど何か足りないなー」でした。
何かが…そう「マイナーメロディー」すなわち「泣きの旋律」がもっと欲しかったのです。
そこで現れたのがメロディックジャーマンメタル(=妙に日本人の心の琴線に触れるドイツ製メタルw)の金字塔バンドHELLOWEENでした。
「コイツらマジ日本人わかりすぎ」な、心ワシ掴みメロディーラインとツインギターのハモり。
様式美というか「お約束」をしっかり守った曲作り。
パワー&スピード&メロディーそしてメロディー。てかメロディーw
しばらく夢中で聴いていました。
「もう日本人のバンドなんて聴けねえぜヘヘ」て思ってましたね、この頃w
カイ・ハンセンが抜けてから曲の構成と展開にシマりがなくなった気がして、
少し「うーん」でした。
ですけどマイケル・キスクのVoも好きだったので「カメレオン」あたりまで頑張って聴いていたような覚えがあります。流石に「カメレオン」はメタルじゃない!てやっぱ思いましたがw
そしてマイケル・キスクの脱退。
後任のアンディ・デリスはPINK CREAM69に在籍していた頃から聴いてはいたので、
ビックリはしませんでした。
でもコレ以降のHELLOWEENは「PINKCREAMのVoメロディー+歯切れの悪い展開やギターソロのHELLOWEEN」て感じでイマイチ感はやはり否めませんでした。
やっぱ「HELOWEENの本体はカイ・ハンセン」だったのです。
あードコいっちゃったのかなー……
…いました。GAMMA RAY。
さっそく聴きました。
「うおーーーーーすげーーー!!コレだよ!コレコレ!!!」
そかーこの人はジャーマンメタルで「オペラ」がやりたかったのか。
(今考えればQUEEN的な感じでしょうか)
1曲の中で歌詞の展開とともに曲調やリズムまで目まぐるしく変わっていく様がまさにオペラ、
歌劇ですねコリャ。まさにドラマティック。
この「歯切れの良さ」がずーっと欲しかったんですわ。
律儀なまでに「お約束」なギターソロの展開も思わずニヤリな感じ。
今でも活躍しているみたいで、カイ・ハンセンには頑張って欲しいものです。
そしてこのGAMMA RAY関係でBLIND GUARDIANにも手を伸ばしたり。
「あーコレもたまらん!」
今思えば、この頃が一番「メロディー至上主義」な時代でしたねー。

そして「自分的音楽史」はこの後…デスメタごほごほ…何と!衝撃の展開に!!
…いや、誰も興味ないけどねw
[PR]
# by grt4 | 2006-04-06 00:22 | 音楽